絵の具でポケットの柄を染める

子供を持つクリエイターが順にワークショップを企画する「子育てハックの会」の第一回でsiroが担当することになり、いろいろと考えた結果、「絵の具でポケットの柄を染める」を企画しました。

子供にやって欲しいこと

最近、子供と工作をするための道具は、「汚れない」というキーワードで作られたものが多いように思います。実際手がかかるし大変なので、絵の具を使わせて絵を描くなんて、なかなか難易度は高いかもしれません。でも、絵の具を使って絵を描いたり遊んだりして欲しい!妻と私はもともとそういう考えがあり、siroとしてもそんなことを発信できないかなと考えてました。今回とてもいい機会だったので、この企画にしました。

まずは絵の具で生地を染める

染めるといってもアクリル絵の具です。筆や綿棒、スポイト、指を使って布に絵を描いたり模様を描いたりします。簡単です。マスキングテープを使ってボーダーを描くのも楽しいです。

ポケットのサイズでトリミング

ここが割とポイントです。今回のワークショップでも最年少は1歳半。ポケットのサイズを考えて描くのは難しいです。ぐちゃぐちゃに描いただけだったりもします。でも大丈夫。トリミングの妙で素敵に仕上がります。事前に用意したポケットの型で切り取り線を書いてワークショップは終了です。

ポケット の形に

ワークショップで作った生地をいったん水にさらし、軽く洗い余分な絵の具を落とします。その後アイロンをかけ、ポケットに仕上げていきます。

完成

シャツに縫い付けて完成です!
子供も大人もとても素敵なポケットに仕上がりました。

キット化

「絵の具でポケットを染める」ですが、今後キット化して販売を検討しています。キット内容としては生地数枚、アクリル絵の具数本、ポケットの型、手順のしおり。ポケットの形に線を引いてもらったものを郵送していただき、こちらでシャツに仕上げて郵送という流れです。まずは限定数で試してみようと考えてます。乞うご期待!