MOTサテライト展

art, exhibition, installation

MOTサテライト展

MOTサテライト展

MOTサテライト展

MOTサテライト展

MOTサテライト展

写真:小川 真輝

東京都現代美術館で開催されたMOTサテライト2020「ハイファイブ-こころのこえ」にて、高橋琢哉+松山真也の作品「雷が船と鯰の夢を見た話」と「彼女はしゃべるように引き算をする」を制作しました。siro代表の松山が作家として参加しています。

2つの作品は、同じテーマ、同じコンセプトの上に作られています。

作家:高橋琢哉、松山真也
映像:田島太雄、脇坂航、濱本みずほ
水盤:吉田真也
音:高橋琢哉
システム:松山真也
協力:ACOUSTIC REVIVE 、TONEFLAKE 、nomena、TANGRAM

link
MOTサテライト2020公式サイト